プロフィール

安達 由紀代
プロフェッショナルコーチプラン

安達 由紀代(Adachi Yukiyo)

新卒で日本銀行に入行。主な職務経歴は、政策委員会室(決算・税務)、文書局(企画、予算、入札)、情報サービス局(一般照会、蔵書点検PT)。多種多様な業務を経験する過程で仕事の改善を実現するとともに、内外問わず、多くの方との関わりから人の在り方を学び、人の育成にも携わる。このほか、キャリア・マネジメント、ライフプランセミナ―などの研修に参加。

2015年に帯状疱疹を患い、日本銀行で走り続けた自身と向き合った結果、今後のキャリアチェンジを見据えてコーチングを兼業。その後、コーチングを通じてクライアントの本質的な変化を体感し、新しい価値観が生まれ、大きな喜びを感じたことをきっかけに、これまでの経験やスキルを最大限に生かせる仕事に集中するため、2021年3月31日に日本銀行を退職し、個人事業主として独立。

2021年3月に、世界有数のコーチングカンパニーCTIにてすべてのコースを完了し、CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)を取得。

その他の保有ライセンス:ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引主任者、日本商工会議所簿記検定試験2級

ストレングスファインダーTOP5:最上志向、運命思考、ポジティブ、親密性、成長促進

よく担当するクライアントの年齢層

  • 25 - 34
  • 35 - 44
  • 45 - 54

コーチの想い

  • あなたのビジョンは何ですか?(目指している方向性、創りたい世界観)

    「完全なる自立」
    組織、コミュニティ、家族または人間関係において、自分の可能性に限界を決めるこれまでの固定概念や習慣をリリースして、自分を完全に信じて、人生のビジョンや夢を現実化し、人間同士が自然と認め合い、助け合える調和に満ちた世界を創る。

    そのビジョンや想いができた背景は何ですか?

    日本銀行に勤務した歩みの中で、リーマンショック、新型コロナ感染症などの危機に直面した時、または、組織の中でも高い壁を目前にしたとき、自分を信じられず、自信を喪失する人、他者に力を明け渡してしまう人などを見てきました。これからの時代は、組織にいれば安心という幻想から目を醒まし、自分自身を完全に信じて自分の価値観に沿った人生を生ききることが何よりも大切に感じます。そこにはコーチングという手法により、1人でも多くの方に寄り添っていきたいという心からの想いがあります。

    コーチングをする上で、最も大事にしている価値観や信念は何ですか?

    「クライアントをホールドするコーチの在り方」
    どんなテーマを持っている人でも、常にその人の最高最善な姿を捉えて、本質的な変化を起こすこと。最終的にはクライアントの自走化を目指し、クライアント以上にクライアントの可能性を信じ、人生の一時の道のりを共に走り切る。

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

実績

コーチ経験年数

1.5

累積クライアント人数

40

総セッション時間

150 時間

コーチングセッションの進め方

  • 【初回体験セッションの流れ】
    ①自己紹介…安心安全の場でお互いを知る時間になります。
    ②コーチングについて…概要をお話しします。
    ③コーチング…コーチングの扉を開けて体感していただきます。
    ④ご質問など…コーチングの振り返りとご質問にお答えします。ご遠慮なく、なんでもご質問ください。
  • 【所要時間】
    おおよそ60分のセッションとなります。
    ①自己紹介10分、②コーチングについて10分、③コーチング30分、④ご質問等10分

コーチング資格 / 学習歴

  • 米国CTI認定CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)

セッションが調整しやすい時間帯

平日 土日
早朝(7〜9)
午前(9〜12)
午後(12〜19)
夜(19〜23)

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。