プロフィール

垣内 優衣
プロフェッショナルコーチプラン

垣内 優衣(Kakiuchi Yui)

上智大学を卒業後、神戸大学大学院を修了。在学中にセネガルとアメリカにてインターンを実施。組織開発のコンサルティング会社にて採用戦略、グローバルリーダー育成、組織創りの領域で営業、コンサルティングに従事。プロダクト開発や人材育成プロジェクトなどのリーダーを務める。

その後、NPO法人クロスフィールズに入団。日本企業のリーダー育成と東南アジア・インドなどの新興国にある社会的企業・団体のエンパワメントに関わる「留職」事業のプロジェクトマネジャーを務める。社会課題解決に向けたセクターを超えた取り組みに向けた各種プロジェクトに従事。

19年より、個人が自信を持ち、自身の考えを元にパワフルに生きる人生に伴走したいと考えライフコーチとして活動を開始。

コーチ自身が自身の気持ちをおろそかにして過ごした時期があり、枠組や社会的あるべき論の中で個人の気持ちは薄まって行きやすいことを実感。セッションでは人生が加速するきっかけとなる関わりを大事にしている。個人のパワーアップは、組織、社会のパフォーマンス向上にも通づることと考えている。

20年1月からアメリカ東海岸に拠点を移す。1児の母。

よく担当するクライアントの年齢層

  • - 24
  • 25 - 34
  • 35 - 44

コーチの想い

  • あなたのビジョンは何ですか?(目指している方向性、創りたい世界観)

    「個人の変化、組織の変化、社会の進化の連鎖が溢れる世界」
    個人が自身の人生に自信を持ち、自身の考えを元にパワフルな状態でいることは、多くの機会に対して前向きなエネルギーを高めます。こうしたポジティブなエネルギーが互いに影響し合えることで、結果として集団のインパクトを高めることに繋がります。個人の集団である組織が出す成果・効果・パワーが増大することは、コラボレーションや創造に対する前向きな取り組みを後押しします。結果として、社会の進化に必要とするセクター、業界、組織を超えた協働を産むことで更なる課題の解決、持続的に生きやすい社会創りに行き着くことができるのではと考えています。
    大海原に起こる波のように、個人の生活変化が、周囲の人や集団に伝播して、大きな変化に接続するようなそんな視点でご一緒します。

    そのビジョンや想いができた背景は何ですか?

    学生の時分にいくつかの国際組織で経験を積ませていただく機会がありました。壮大なミッションに取り組む環境で、必ずしもいつも理想の成果が出せているわけではないことを学びます。そこでは「セクターや組織間の連携」や「チームの強さ」が組織が社会に出すインパクトにつながるのではと感じました。
    社会人として初めてのステップを踏んだ組織では「成果を出すチーム」と「伸び悩むチーム」のどちらにも所属する経験がありました。心がぽきっと折れてしまった時、無理をして身体を壊してしまった時もありました。そこでは「個人が気持ちに自覚的で、楽しく人生を過ごしていること」という要素が結果に大きく影響するのではと感じました。
    一人の生き方、これは周囲に影響を与えるほど大きなインパクトです。
    だからこそ、社会に生きる人が描く未来に向かって、自らの気持ちを大切に物事を選んで、丁寧に過ごしていられるよう伴走していきたいのです。

    コーチングをする上で、最も大事にしている価値観や信念は何ですか?

    【信念】
    人はもともと創造力と才知にあふれていて、かけるところのない存在であること
    人は産まれながらに使命を持っていて、感謝されている存在であること

    【価値観】
    ・個別性:既存の当たり前や枠組みではなく、個人の中の想いや考えを礎にすること
    ・協働:共に創りあげること、気さくに話せること
    ・素直:コーチが素直であること、自己開示すること
    ・自由:身体全体で感じ、自由に表現すること
    ・尊重:人として尊重し合えること
    ・学習:気づきを日常に繋げること
    ・挑戦:枠を越えて目指す姿に近くために応援すること

クライアントからの声

桑原佑司

桑原佑司 さん


コーチングを受けようと思った理由や目的は何ですか?

会社でチームマネジメント・育成をするような立場になり、接し方・メンバーそれぞれの能力の引き出し方に課題を感じていました。
そこでマネジメントに活かせるようなコーチングスキルを学ぼうと思ったんですが、とはいえコーチングを受ける側の体験も必要だろうと思い、マネジメントに活かせるようなコーチング講座を探していた際に見つけたZapassでコーチングセッションを受け始めました。

このコーチで継続する決め手になったポイントは何ですか?

大きく分けて2つあります。
まず、垣内コーチはなんでも正直に言ってもいいんだなと思える方で話しやすい点です。
雑多な言葉を投げても丁寧に「僕がどうしたいのか」という感情に寄り添って話を聞いてくださるので、コーチングを受けると気持ちよくアクションに移ることができます。
2つ目は、1つ目とも繋がりますが、だいたい朝イチでセッションを受けているのですが、受けた後の1日が気持ちよく過ごせること、加えてセッションで決めたアクションを1ヶ月できっちりやれていることから、セッションが有意義なものになっていると感じているためです。

コーチングを受けた前後の変化や、感じたことについて教えてください。

コーチングを受けて感じたのは、自分一人で悶々と考えているよりも伴奏してくれるコーチという存在がいて、月1回でもセッションを受けられれば、自分なりに納得感のあるアクション・解決策が出てくるということです。
特に人に対してどう接するべきかという問いについては答えがないですが、そういった悩みに対しても、自分が納得して腹落ちした状態でアクションに移れて、結果としていいアウトプットに繋がってきているのかなと感じます。

どんな方にこのコーチをおすすめしたいですか?

一人で考えて思考がぐるぐるしている方や、自分でおおよその解決策は出せているものの納得感や自信がないことが多い方にはオススメです。
自分一人で悶々と考えていてもしょうがないですし、対人関係においての解決策・アクションは正解かどうかもわからないことが多いので、「こうしよう!」と意思を持って推進できるようになりたい、自信をつけたいという方はぜひセッションを受けてもらえたらなと思います。

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

実績

コーチ経験年数

3

累積クライアント人数

50

総セッション時間

600 時間

コーチングセッションの進め方

  • セッションでは「人生の目的に沿った生き方をするため、最高の状態になってもらうための関わり」をします。そのために私は、あなた自身の中で今ぼやけている悩みやイメージなどの解像度を一緒に高めていきます。私自身には答えはなく、あなたの中に答えがあると信じています。そして、答えが見つかった時にあなたがそれを実現する力があると信じています。私は、あなたが悩み、乗り越え、光を掴む道中横に共にいるそんな存在です。

    セッションは、あなたと私による、100%あなたのための時間です。ここで話されることは完全に守秘義務で守られます。気を使わず空気を読まずご自身に集中できる環境を作って、有効活用しましょう。そのために私も率直に関わることを約束します。共に作りあげましょう。

    あなたの人生全体に関わる話にも触れることでしょう。初回には時間をたっぷりとって価値観や現在のテーマについてすり合わせをしましょう。ぜひ、頭ではなく心で感じていることに意識してみてください。
    *アメリカの東海岸に在住しています。時間の調整は初回に相談させてください。

コーチング資格 / 学習歴

  • Coaches Training Institute (CTI) Japanのカリキュラムを受け19年11月に基礎/応用コース104h 修了
  • 2021年3月よりCTIにてCPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 取得に向けてコースを開始

セッションが調整しやすい時間帯

平日 土日
早朝(7〜9) ×
午前(9〜12) ×
午後(12〜19) × ×
夜(19〜23)

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。