プロフィール

みなみ ゆみこ
プロフェッショナルコーチプラン

みなみ ゆみこ(Minami Yumiko)

京都芸術短期大学建築デザイン専攻(現京都造形芸術大学)、早稲田大学大学院建築学科修了。(株)博報堂にてCMプランナー・デザイナーとして6年勤務した後、ATELIER MINAMI設立。フリーランスのグラフィックデザイナー、アートディレクターとして活動する。クリエイティブ職で培った発想や直感力を生かして、2019年よりプロコーチとしても活動開始。クリエイターからビジネスパーソンまで、その人独自の可能性や創造性の発揮に向けたコーチングセッションを提供している。

よく担当するクライアントの年齢層

  • 25 - 34
  • 35 - 44

コーチの想い

  • あなたのビジョンは何ですか?(目指している方向性、創りたい世界観)

    人がその人らしくのびのびと自由に生きていける世界に向かって生きる。
    それぞれの人が尊重されている世界。
    そこでは正解も不正解も、成功も失敗も、共に価値がある。
    だから自然と人が創造的になっていく。
    そんな世界に少しでも近づくような生き方、関わり方をする。

    そのビジョンや想いができた背景は何ですか?

    私は目立った才能もなく、むしろ欠点の方が多い「できない子」でした。幼少期は親に怒られてばかりで、ドジで不器用。忘れ物や遅刻の常習犯で、協調性もありませんでした。
    そんな私にとって、根拠のない自信を持ち続けることは私なりの空想であり砦でした。それゆえ、自分がやりたいと思ったことは親や先生にムリと言われてもエネルギーを注ぎ、才能のなさを脇に置いて行動を試し、結果、まがりなりにもやりたい事を実現させてきた半生でした。
    ただ、それは決して世間的な評価に結びつくものばかりではなく、今も私は世間から見ると成功から遠い場所にいるかもしれません。しかし、世間の評価は脇に置き、自分のやりたいことを自分のペースでやってみる、と言う価値観で生きていると、自分の人生をクラフトしている確かな充実感があります。だからこそ私は、それぞれの人がその人独自の価値観で、確かな充実感を持って自由に生きるためのお役に立ちたい、と心から願っています。

    コーチングをする上で、最も大事にしている価値観や信念は何ですか?

    「誰もが独創的で、独自の可能性を持っている」ことを本気で信じている。
    本質的な変化や向上につながる関わりをする。
    失敗を恐れず、未知の領域に潜っていく。

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

実績※2020年12月時点

コーチ経験年数

2

累積クライアント人数

40

総セッション時間

160 時間

コーチングセッションの進め方

  • 本質的な変化や向上につながるセッションをめざしています。そのために、「インサイドアウト」「クリエイティブな関わり」の2点を大切に進めています。
    「インサイドアウト」は、ご自身の内側に主体的である意識を持っていただくこと。その意識を高めていくことで、根源的な願いや価値観につながりやすくなると考えています。
    「クリエイティブな関わり」は、クライアントさんにもコーチにも未知の領域を探究することをめざすのがその意図です。そのため、響きや感覚を味わう、いまこの瞬間からつくる、直感や動きを取り入れる、などといった先の予測できない関わりも行います。
    そういった中から思いがけない気付きが生まれるようなセッションをめざしていますが、初回セッションでは事前アンケートをもとにじっくりお話を伺い、望む変容や目標を具体的に洗い出し、ターム全体を通して確かな変化や向上を感じていただけるよう設計しています。

コーチング資格 / 学習歴

  • 米国CTI認定CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)
  • CTI

セッションが調整しやすい時間帯

平日 土日
早朝(7〜9) × ×
午前(9〜12)
午後(12〜19)
夜(19〜23)

性格タイプやセッションテーマを明確にして、コーチを選びたい方はこちら

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。