人生への渇望をエネルギーに。コーチングを通して「生きる、働くって面白い」を体現する大人を増やしたい #石川博基

人生への渇望をエネルギーに。コーチングを通して「生きる、働くって面白い」を体現する大人を増やしたい #石川博基

ZaPASSで活躍するコーチに、コーチになったきっかけやコーチングへの想いを聞く連載。今回は、石川博基さんのインタビューです。

石川博基|プロフェッショナルコーチ
株式会社コスモスイニシアに新卒で入社。仲介営業部門に配属されたのち、自らの希望で同社の人事部門へ異動。人事部門では、新卒採用・キャリア採用・組織開発・人事制度改革/設計・働き方改革・MISSION/VISION/VALUESの策定浸透など、人事領域を広範に牽引。現在は同社並びに同社子会社の双方で人事マネージャーを兼任。

合わせて副業のプロコーチ(米国CTI認定CPCC)・人事コンサルタントの仕事を通して、日本の生きると働くと面白くするべく活動。

「自分は人生の目的に向かって走れているのか」。不完全燃焼感から学び始めたコーチング

ーーコーチングを学び始めた経緯を教えてください。

人事として感じた課題感と、自分自身に対する不完全燃焼感から、「このままではいけない」と悟ったのがきっかけです。

人事として感じていたのは、目的なく就職活動をしていたり、選ばれるためだけに面接を受けていたりする学生の多さでした。自分の人生を自分で選択していく大切さを学生に伝えたい、そして自社の採用活動に留まらず多くの方に伝えていきたい。そんな思いからコーチングの世界に足を踏み入れました。

コーチングを学び始めたもう1つの理由は、自分自身、実現したい想いと自分の状態のギャップに悩んでいたからです。

私が大学時代から大切にしていた想いは、「自分が多くの方から教わった大切なことや、人生はもっと面白くできるということを次の世代に伝えていきたい」というもの

「次世代に伝えていくためには、まずは自分がもっと成長しなければ!」と、圧倒的な裁量権を持って仕事ができる環境を求めて、現職のコスモスイニシアに入社しました。

ただ、営業と人事を経験し、成果が出て会社から評価していただいたり、大きな仕事を任せてもらうことが増える中で、仕事自体が楽しくなってしまっていて。それはそれでいいことなんですが、入社時に大切にしていた想いが二の次になっていたんです。

当社の採用活動では「生き方」を聞くことが多く、採用候補者の方々に「あなたの夢は?」「人生の目的は?」を問いかけます。この質問、自分に返ってくるんですよね。果たして自分は人生の目的に向かって走れているんだろうか、と。

もともと大切にしていた想いに向き合ったときに感じた不完全燃焼感も、本格的にコーチングを学ぶ原動力になりました。

他人のモノサシから解放し、人生をドライブさせる“渇き”を見つめる

ーー石川さんが考えるコーチングの価値って何でしょうか?

他人のモノサシからの解放、でしょうか。

周囲の目が気になったり、自分と他人を比べたりして、生きにくさを感じている方が多くいます。それは、他人のモノサシで生きてしまっているから。そうしていると、死ぬときに後悔が残る気がするんです。

死ぬときに「最高に楽しかった」と言えるくらい自分の人生を面白く生きるための一歩は、他人のモノサシからの解放によって踏み出せると私は考えます。

他人のモノサシで行動していた自分に気づけること、そこから自分の人生を再選択するための芯を作りだせることが、コーチングのいちばん大きな価値だと考えています。

クライアントさんに多いのは、「自分はまだまだこんなもんじゃないぞ」と思っている方や、「本当に今の生き方でいいんだっけ」となんとなく引っかかりを感じている方。裏を返せば、「本当はこう生きたい」という願いがあり、現状とのギャップに“渇き”を感じられている方々です。

セッションで、「本当の本当はどうしたいんですか」「あなたの魂はどうしたいって言っていますか」と問いかける。こうした問いを通して、本当にありたい自分と今の自分のギャップを見ると、人は乾く。その渇きがエネルギーとなって、人生をドライブさせるための勇気ある一歩が踏み出せると考えています。

僕も、渇きから人生にドライブがかかった1人です。

コーチングを学び始めたときにクライアントとして受けたセッションで、自分の人生の目的を設定し直し、そこから落とし込んだ30代の目標を立てました。

人生の目的は、「生きると働くが面白い社会をつくる」

僕は、働くってすごく面白いことだと感じているんですが、採用活動で出会う学生さんや周りの社会人の声を聞くと、働くことにワクワクしていない、むしろ義務感で働いている方がほとんど。そんな課題感から出てきた言葉でした。

人生の道しるべとなる言葉を家族に伝えたいと思い、言語化された人生の目的をあらためて奥さんにプレゼンしたのですが、そのときに涙が出てきて

プレゼンできた自分への感動なのか、それを受け止めてくれた奥さんへの感謝なのか、よくわからないんですけど……自分の人生にドライブがかかるのを感じた瞬間でしたね。

問いの力と挑戦的な提案で、自分で選択する人生を応援する

ーー石川さんがセッションの中で大切にしていることは何ですか?

問いの力を信じること、そして挑戦的であることです。

問いの力とは、自分が投げる質問の力です。クライアントさんを全力で支援したいと願う自分の問いの力と、「自分らしい選択にたどり着ける力があるはずだ」というクライアントさんの可能性。この両方を信じることを大切にしています。

問いが持つ力を実感したのは、あるクライアントさんとのセッションでした。周りからの評価を気にして、よく思われるかどうかが判断軸になってしまっている、まさに他人のモノサシで生きている状態で。

その方の、「本当は自分らしく生きたい」「自分が大事にしたいものを大事にしたい」という心の声が聞こえたときに、「今の自分って、本当に好きですか」と問いを投げたんです。

そこから5分ほど沈黙が続いたあと、「今の自分は好きじゃない。好きな自分になりたいです」という答えと、涙が返ってきました。問い自体はシンプルでしたが、その問いによるクライアントさんの内面の変化を感じて。問いが持つ力を体感した瞬間でしたね。

「挑戦的である」とは、相手の可能性を誰よりも信じて、攻めた提案をしたり、力強く背中を押すということです。

たとえば、旧態依然とした会社を変えていきたいけれど、どうしたらいいかわからないと悩まれているクライアントさんがいらっしゃいました。セッションの中で、「会社をどう変えていきたいのかを周りの人に話す」というアクションを出されたんですが、「人事や経営者に提案書をつくって提出するのはどうですか」と攻めたアクションを提案してみました。

そのアクションから半年が経った今、その方は毎月必ず経営陣に提案書を出されているんです。「自分の願いのためにアクションできている自分が好き」と。そんな変化がうれしいですし、少しハードルが高そうに見えるアクションであっても、後押しできてよかったなと思っています。

力強い問いや挑戦的な提案がクライアントさんに届くのは、みなさんが心の奥に願いを持たれているからです。

強い願いがあれば、多くの物事は自分の力で変えることができる。心からそう信じています。

日本全体を元気に。コーチングを通して実現したい未来

ーー石川さんが、コーチングを通して実現したい世界を教えてください。

「生きるとか働くって最高に面白いんだよ」と心の底から実感し、体現している人が増えること。自分とのセッションを通してクライアントさんが変化し、そのクライアントさんを見た周囲の方が変化し、最終的に日本全体が元気になっていくような、そんな状態を作っていきたいです。

ただ、コーチングはあくまで手法の1つ。企業の人材育成や教育現場などにもっとコーチングを融合・浸透させることで、より多くの場面で人の可能性を広げていけるのではと考えています。

今仕掛けようとしているものは、たとえば大学のキャリアセンターと組んで、「どう生きるか」を考える大切さを学生に伝えようという取り組みです。就活のためのインターン、内定のための就活ではなく、「どう生きるか」を軸に貴重な時間を使ってほしい。そんなメッセージを込めて企画しています。

あとは、先生がコーチングを学べる場も作りたいです。多くの先生が子どもたちに対してコーチ的な関わり方ができれば、教育の現場は変わっていくと思うんです。

現在の活動と新しい試み、共通してアプローチしたいのは、その先にいる子どもたちです。

純粋なコーチとしての活動だけではなく、コーチングスキルや経験を活かして、日本の未来を担う子どもたちのために、様々な角度からの取り組みを進めていきたいですね。

[文]大門史果 [編集]青木まりな [撮影] 伊藤圭

RELATED ARTICLE

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。