成果も出した、昇進もした。でも何か足りない。人との比較ではない「自分だけのミッション」を必要とする人へ #垂水隆幸

成果も出した、昇進もした。でも何か足りない。人との比較ではない「自分だけのミッション」を必要とする人へ #垂水隆幸

ZaPASSで活躍するコーチに、コーチになったきっかけやコーチングへの想いを聞く連載。今回は、垂水隆幸さんのインタビューです。

垂水隆幸|エグゼクティブコーチ
アクセンチュア、不動産関連ベンチャーの営業部長を経て株式会社経営共創基盤(IGPI)に参画。IGPIでは国内大手企業の戦略立案、業務改革、人材開発、事業再生等のプロジェクトに従事。産業カウンセラーの資格を取得。”事業価値の向上”を事業の当事者として実現する志を果たすべく、レバレジーズに参画。コーチングの資格を取得後、現在はベンチャー企業の社外CHRO(最高人事責任者)業務を数社担当しながら、プロコーチとしても活動。

個人起点のアイデアで会社は変わる。内発的動機づけの大切さを知った経験

――なぜコーチングを学び始められたのでしょうか?

前職のレバレジーズで、メンバーの内発的動機に火をつける大切さに気づいたことが大きいです。

もともと産業カウンセラーの資格を取得していたので、「人の話を聴く」ことには慣れていて、マネジメントにも傾聴をベースにしたコミュニケーションを取り入れていました。会社から課されたミッションが本人のWillに合っているか、どのようなWillを持っているのか、というのを聴くようにしていたんです。

ただ、カウンセリングの方法論って基本的に受動的なんですよね。相手のありのままを受容し、必ずしも自分とは一致しない価値観に対しても共感していくことで、クライアントが癒される空間をつくり出す。カウンセリングに来る方たちは基本的には負の状態から始まるということもあり、包み込むような傾聴が重視されます。

それに比べてコーチは、もう少し能動的な関わり方ができます。押し付けにならない範囲で自身の視点や経験、リソースを提供でき、本人にとってよりプラスな行動を促せるんです。

こういったプロアクティブな関わりによって、一人ひとりの内発的動機への気付きを促し、行動につなげていく。この面白さに気付いて、本格的にコーチングを学ぶようになりました。

メンバーに対してコーチング的なマネジメントをする中で、自分のやりたいことを自主的にプロジェクト化する人も出てきて、中には会社に大きな価値をもたらすものもありました。

特に印象に残っているのは、社員の活躍度を高めるために、部署異動や1on1のタイミングなどを社内のデータを活用して決めていく、今でいうピープルアナリティクスに関するプロジェクトです。

このプロジェクトは、統計が好きで、人材育成の仕事に興味を持っていたメンバーの発案で始まったんですが、その取り組みのおかげで離職率が低下しました。

こういったプロジェクトを通して、個人の発想から新しいものが生まれ、それが会社にも大きな価値をもたらすことや、そのアイデアは本人の内発的動機から生まれることを実感しました。

コーチング的な関わり方は、人の内発的動機に火を点けることにつながります。そして個人の発想を起点にしたイノベーションを意図的に起こしていくことは、会社にとっても大きな価値になる。

そんな確信からコーチングを学び始めました。

成果重視の世界では満足できない、自分なりのミッションを持って働く人をサポートしたい

――垂水さんが特にサポートしたいクライアントさんについて教えてください。

自分なりのミッションやユニークネスを持って仕事をしたいと思っている人、ですね。

ベストセラーになった書籍『ティール組織』で提唱された人や組織の発達段階でいうと、オレンジからグリーンに移行しつつある人です。

成果重視で常に数字を求められるピラミッド型のオレンジに対して、グリーンはもっと主体性が尊重される段階ですよね。

例えば、組織の中ですごく頑張って昇進もしたし、会社の業績にも貢献してきた。でも「本当にそれだけでいいんだっけ」と疑問を持ち始めた人。もしくは、仕事は一生懸命やっているけれども、これからの自分を考えたときに昇進や市場価値の向上などの相対的な価値では満足できないと感じている人。

成果重視でピラミッド型のフェーズにいると、周りとの競争ばかりにフォーカスしてしまいます。でも、そこに対して「なにか違うな」と感じる人がいるわけです。これが、オレンジ的な価値観から離れてグリーン的な要素を探求し始めるきっかけになると思います。

ただ、こういった自身の根底にある価値観を自分だけで見つけ、自身のユニークネスとして深めていくのって結構難しいんですよね。

業界や職種の肩書きを超えたユニークな存在として「こんな風に業界を変えたいんだ」、とか言っていると、周囲からは理解されにくい。組織の中からはみ出ちゃったりして、孤独と向き合わざるを得ない状況になっている人も多くいます。

組織にいる人間として期待されれていることと、自分個人としてやりたいことのギャップをどう埋めていくか。これは、グリーン的な価値観にシフトしている人たちの中で大きな課題になります。

私自身がまさに当事者で、「世の中に定められた役割に染まろうと思えば染まれるはずなのに、それを良しとできないのはなぜなんだろう」と何度も葛藤してきました。家族がいて住宅ローンもあって、きっと妻は安定した企業に勤めてほしいと思っている。それでもお金のためだけにやる仕事では飽きたらず、安定とは言い難い起業の道を選んだ。そこには何か強い願いがあるんですよね。

成果重視のオレンジの中だけでは満足できない苦痛を長い間経験しているので、コーチングではそんなロールモデルとしても関わりたいと思っています。

オレンジ的な価値観が強い現実社会でも成果を出しながら、自分が納得できる人生の指針を見出す。そんなサポートをしていきたいですね。

自分にとっての納得感、満足感のある人生を歩むために

――垂水さんが考えるコーチングの価値はなんですか?

コーチングは、「自分にとって納得感のある人生を歩むために、一度立ち止まる空間」だと思います。

わざわざ時間とお金をかけてコーチングを受けに来てくださる方って、人生をすごく真剣に生きているんです。まあこれでいいやっていう生き方は選択していない。そういった姿勢にいつも胸を打たれます。

そしてそういう人が自分の人生について真剣に考え始めると、素敵なミッションに到達することが多い。自分自身が心から納得でき、かつ周囲の人や社会全体に対してもプラスになるようなミッションを見つける姿は、本当に素晴らしいものです。お互いに鳥肌が立つような感覚になります。

コーチングは、人間の根本にある善意を発見するお手伝いでもあるのかな、と感じるほどです。

そういった、自分が納得のいく人生、自分でも素敵だなと思えるような高尚なミッションを探究していく空間として、コーチングの価値を感じています。

黒子として、社会変革につながる行動を増やしていく

――垂水さんが描く理想のコーチ像を教えてください。

身体感覚でクライアントの言葉を聴ける、かつ社会変革につながる行動を促せるコーチです。

コーチングって、理屈や論理などの左脳的アプローチがメインだとやっぱりうまくいかないんですよね。場合によってはその人との一体感を得られるところまで、本人の気持ちやスタンスにどっぷりと共感する。そうやって、一緒に内省の状態を漂いながら言葉を紡いでいく方が、効果的なんです。

身体感覚の精度を高く維持しながら、感覚を頼りにクライアントの言葉に応答していく。そんなコーチングにこだわっています。

私は理屈っぽい人間なので、心理学だったり人間のメンタルモデルに関するフレームワークを学んでいて、交流分析理論(エゴグラム)に基づく人間のタイプ特性、成人発達理論に基づく発達段階、主にユング派が提唱してきたシャドウの概念など、様々な理論をコーチングに応用しています。ですが、セッションの時は全部忘れるようにしてるんです。

何が起きるか予測できないセッション中に理論に引きずられると、身体感覚で聴くことができなくなってしまう。覚えていることは一旦忘れる。その上で、自分の中で血肉になっている知識やフレームワークなどが自ずと出てくるのが理想的な状態だと考えています。

あとは、社会変革につながる行動を促せるコーチでありたいですね。私のクライアントの方々が、自身が価値を感じるプロジェクトに自分のリソースを最大限投入して、成果が出る。そしたら、結構な社会の変革につながると思うんです。

クライアントの方々がそれぞれの持ち場で、自分が気持ち良くなるだけじゃなくて社会に対してプラスのインパクトを与えていく。わたしはコーチという黒子として、そういう出来事があらゆる場所で起こるような状態に貢献したいですね。

仕事をしながら、「これって自分の人生に何の意味があるんだろう?」と考え始めたところからカウンセリングや心理学を学び始め、やっぱり相対的な成功で止まるような人生にしたくないという思いがずっとあって。そんな原体験も含めて、お役に立てれば嬉しいです。

[文]大門史果 [編集]青木まりな [撮影] 伊藤圭


RELATED ARTICLE

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。