ニュース

“やりたいこととずれていることに気づき、転職した”“自分のやりたかったことの原点を思い出すことができた” 5割のビジネスパーソンが、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りの習慣あり

“やりたいこととずれていることに気づき、転職した”“自分のやりたかったことの原点を思い出すことができた” 5割のビジネスパーソンが、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りの習慣あり

ZaPASS JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:足立愛樹)は、「ビジネスパーソンの内省習慣に関するアンケート」を実施し、ビジネスパーソン208名から回答を得ました。

【調査結果 概要】

6割以上が、仕事や業務軸での内省・振り返りを定期的に実施

5割が自分の人生やキャリア軸での内省・振り返り習慣あり

内省・振り返りの効果は、「この道で良かったと思える」「自分の気分の浮き沈みを少しでもコントロールすることができる」「やりたいこととずれていることに気づき、転職した」「自分のやりたかったことの原点を思い出すことができた」など

人生やキャリア軸での内省・振り返りをしていない人のうち、やった方がいいと考えている人は5割以上

人生やキャリア軸での内省・振り返りをやっていない理由は「面倒に感じる」「方法がわからない」「1人だと継続できない」

【調査結果 詳細】
6割以上が、仕事や業務軸での内省・振り返りを定期的に実施しているのに対し、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを行う習慣があるのは5割
仕事や業務軸での内省・振り返りを定期的に行う習慣があるか尋ねたところ、「はい」が64.9%、「いいえ」が35.1%と、6割以上が、仕事や業務軸での内省を定期的に行なっていることがわかりました。(n=208)

一方で、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを定期的に行う習慣があるか尋ねたところ、「はい」が50.0%、「いいえ」が50.0%と、自分の人生やキャリア軸での内省を定期的に行なっているのは5割であることがわかりました。(n=208)

内省・振り返りの効果は、「この道で良かったと思える」「自分の気分の浮き沈みを少しでもコントロールすることができる」「やりたいこととずれていることに気づき、転職した」「自分のやりたかったことの原点を思い出すことができた」など

《自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを継続することの効果・影響を感じたエピソード/自由記述/一部抜粋》

〜目標関連〜
・目標を見失わずにすみます
・目標ができた
・目標が達成できた

〜モチベーション関連〜
・当時持っていた夢への情熱ややる気が蘇ってくる
・自分の気分の浮き沈みを少しでもコントロールすることができる
・自分のやりたかったことの原点を思い出すことができた
・日々の努力をなまけない
・この道で良かったと思える

〜仕事関連〜
・パフォーマンスが上がる
・自分の長所を仕事に活かせるようになった
・新しい職場でもリーダー、マネージャー候補として考えてもらえる
・やりたいこととずれていることに気づき、転職した

自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りは、「一人で」が最多
自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを誰と行っているか尋ねたところ、「一人で」が71.2%で最も多く、「友人と」が22.1%、「コーチと」が18.3%と続きました。(n=104)

■人生やキャリア軸での内省・振り返りをしていない人のうち、やった方がいいと考えている人は5割以上
自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを定期的に行う習慣が「ない」と答えた人に、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りをやった方がいいと思うか尋ねたところ、54.8%が「はい」、45.2%が「いいえ」と回答しました。(n=104)

■人生やキャリア軸での内省・振り返りをやっていない理由は「面倒に感じる」「方法がわからない」「1人だと継続できない」

自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りを定期的に行う習慣が「ない」と答えた人に、自分の人生やキャリア軸での内省・振り返りをやっていない/できていない理由を尋ねたところ、「面倒に感じる」が49.1%で最も多く、「方法がわからない」が43.9%、「1人だと継続できない」が40.4%と続きました。(n=57)

本調査結果を受けて
今回は、ビジネスパーソンの振り返り・内省習慣について調査し、振り返りの効果とともに、継続する上での課題が明らかになりました。

人生やキャリア軸での振り返りを定期的に行なっている人は、自分の業務だけでなく、やりたいこと、夢、原点といった自分自身の価値観に立ち戻り、必要に応じて行動を調整し目標に着実に近づいていることを実感できているようです。

振り返りによって自身のモチベーションや目的を再確認している声も寄せられた一方で、「面倒に感じる」「方法がわからない」「1人だと継続できない」など振り返りの難しさも挙げられました。内発的動機を持って仕事に取り組むことの重要性が語られることも多い近年ですが、実際の行動としては浸透しきっていない現状が明らかになりました。

ZaPASSは、コーチマッチングプラットフォームを通して、ビジネスパーソンの内省、目標設定、行動促進をサポートすると同時に、自分の人生やキャリアに向き合う機会を提供すべく、事業開発に取り組んでまいります。

【調査概要】
調査対象:日本企業に勤めている社員
調査方法:Web
実施時期:2021年5月24日〜5月26日
有効回答数:208

■コーチマッチングプラットフォーム『ZaPASSコーチング』について
「日々忙しくて自分と向きあう時間が取れていない」「理想と現実のギャップに葛藤している」そんな悩みを抱えるビジネスパーソンに、ビジネス経験豊富なプロコーチをマッチングする、オンライン型内省コーチングサービスです。アンケート・独自診断ツールによるアセスメントと事前面談でのヒアリング内容をもとにアサインされる最適なプロコーチとのセッションを、初回半額で体験することができます。

サービス詳細・申し込み:https://zapass.co/coaching/
独自診断ツール「ZaPASSエゴグラム」:https://egogram.zapass.co/egogram/

【ZaPASS JAPANについて】
ZaPASS JAPAN 株式会社は、「自分らしく笑える大人と、未来が楽しみな子どものために。」というビジョンを掲げ、現在は、コーチマッチングプラットフォーム、プロコーチ養成講座、コーチング型マネジメント講座を展開しています。すべてを諦めない大人をサポートする事業を通し、次世代社会の可能性の最大化を目指しています。

【会社概要】
会社名  :ZaPASS JAPAN 株式会社
代表取締役:足立 愛樹、管 大輔
設立   :2019年2月
事業内容 :コーチマッチングプラットフォーム事業、コーチ養成講座事業、コーチング型マネジメント講座事業
本店   :東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
URL   :https://zapass.co/

【本件に関する問い合わせ先】
ZaPASS JAPAN 株式会社 広報担当
Mail:info.zapass@zapass.co

お問い合わせ

信頼できるコーチがいる。
信頼されるコーチになれる。